雨の日のデートにも最適!カップラーメンミュージアムが面白過ぎた。

晴れている日はピクニックやショッピング、遊園地など、デートをするにしても色々な行き先がありますが、雨の日のデートってどうすればいいのか迷ってしまいますよね。いつも映画や大型ショッピングモールに行くという方も多いと思いますが、雨の日はいつも決まったところにしか行かないので飽きてきたという方には、雨の日のデートにも最適なカップラーメンミュージアムに行くのがおすすめです。
カップラーメンミュージアムとはその名の通り、インスタントラーメンの歴史を紹介してくれている場所です。日常生活になじみが深いカップラーメンですが、実はその発祥は日本であり、インスタントラーメンが生まれたことにより新しい食文化が世界に広がったとも言われています。普段何気なく食べているという方も、どのようにしてカップラーメンが生まれたのかという歴史を学ぶことができ、その歴史を通して発見や発明の大切さまで学べるスポットとして、最近広く話題を呼んでいます。

オリジナルカップラーメンが作れる

カップラーメンミュージアムではインスタントラーメンの歴史を詳しく学べるだけでなく、インスタントラーメンの始まりとなったチキンラーメンを手作りできる工房があったり、自分だけのオリジナルカップヌードルが作れる工房があったりと、楽しい体験もすることができます。さらに世界のインスタントラーメンが展示されていたり、日清のインスタントラーメンがどう発展を遂げたのか、約800種類ものパッケージで再現されていたりするので、どれだけ見ていても飽きずに楽しむことができるような空間が広がっています。
もちろんすべて屋内で楽しめるので、雨の日のデートにも最適ですし、展示されているのがカップラーメンと身近なものであり、体験型の工房も用意されているため、家族連れの方も楽しむことができます。時間を忘れて楽しむことができるミュージアムなので、雨の日のレジャーを探しているという方はぜひ一度調べてみることをおすすめします。

ラーメンの器には陶器製がおすすめ

自宅で手軽に作ることが出来るラーメンは多くの日本人に愛されていますが、出来上がったラーメンをよそう丁度良いサイズの器が自宅にないという方も多く、従来のラーメンどんぶりではなく機能性やデザイン性を求めているなら、陶器製のラーメンの器を選ぶことをおすすめします。現在ラーメンどんぶりと呼ばれている器には様々な種類がありますが、オーソドックスな形状の丼鉢は高台丼や半高台丼と呼ばれ、口先が少しそった方であることが特等で、サイズも大きめなのでスープなどもたっぷり入れることが出来ます。 近年熱い料理をよそっても熱を通しにくく、持ち運びやすいとして樹脂製やステンレス製のタイプを選ぶという方も少なくありませんが、やはり器の口当たりや色合いなどにこだわりたいという場合は、陶器の器が見た目もおしゃれで美しいデザインを選ぶようにしましょう。陶器は熱を通しやすい特徴を持っているので、火傷をしないようにするためにも側面が高めのタイプや、深さのあるどんぶりを選ぶことがポイントです。 最近では耳付きのラーメンどんぶりも登場しているので、あまり器が深すぎるタイプは避けたいという方は、陶器製の耳付きタイプを選ぶと持ち運びもしやすく火傷の心配もないのでおすすめです。また洗い物を減らしたいという方なら、直火で直接調理することが出来て、食卓にそのまま運んでラーメン鉢としても利用することができる耐熱磁器で作られているタイプもおすすめです。熱が逃げにくい素材なので最後まで温かいスープを楽しむことが出来ますし、ラーメン以外でも一人用の鍋としても利用することができるので、幅広い用途で活用することが出来て大変便利です。 料理を美味しく食べたいなら、器のデザインにこだわることも大切で、日本の伝統工芸である有田焼や美濃焼といった美しい陶器のどんぶりを選ぶと普段の料理がより楽しめるようになります。後は重さや色合いなどをチェックして、納得のいったものを選ぶようにしましょう。

究極のカップラーメンのオリジナルアレンジを紹介

カップラーメンはそのままでも十分美味しく作られていますが、いわゆるちょい足しをする事でさらに美味しさがアップするようなアレンジができます。ここではいつもとは一味違ったアレンジをして、さらに美味しくいただける方法を紹介しますので、たまには違った味が食べたいという方は参考にして下さい、
ここでは究極のアレンジというテーマでもありますので、一般的な手法とは少し違った方法を紹介しますが、まずおすすめの方法がカップラーメンにパクチーを大胆に投入するという方法です。パクチーはブームも続いていますし、大好きなユーザーも非常に多くなっていますので、大胆にパクチーを入れて完成させるというのが人気となっています。
お湯を入れる前にパクチーをいれても良いですし、完成してから入れるのであればさらにパクチーの食感を楽しむ事ができるでしょう。これだけでも普段のカップラーメンが一気にアジアンテイストになりますし、コストもあまりかけずに楽しむ事ができます。

梅干し最強節

そして意外と盲点だったスタイルとして、日本人なら梅干をどかんと投入するという方法があるのも見逃せません。普通にヌードルを作る過程でシンプルに梅干を入れるだけで、なんとも味わい深いカップラーメンが完成するのです。これなら手間もかかりませんし、コスト面でも少なくなりますので、アレンジ方法としては気軽かつ独創的な方法だと言えるでしょう。醤油味や味噌味などどのフレーバーでも合いますが、とくにおすすめしたいのが塩味のカップラーメンで、梅と塩の味わいがマッチングして高級感のある満足感が感じられるのが魅力です。

ジャンキーならマヨ一択!

そしてその他にも気軽にできるアレンジ方法としては、お湯を入れる前にマヨネーズとラー油をちょい足しするだけでもいつもと違ったコクの深い風味が楽しめますし、カレー系のカップラーメンなら少量のカレー粉をトッピングするだけで一層のコクが感じられます。色々なアレンジ方法がありますので、試しながら自分に合った味を見つけてみるのも良いでしょう。

カロリーが気になる人も最近のカップラーメンを知ったら食べれるよ!

購入価格が安い上に、お湯を注ぐだけで誰でも簡単に作ることができる食品として年齢性別に関係なく多くの人が食しているのがカップラーメンです。節約のためや自宅で過ごす時間が増加したため、家事の負担を減らすためにカップラーメンを購入する人も多いでしょうが、その一方で他の麺類などを比較するとカロリーが高めであるためダイエット中などには食べにくいイメージを持っている人も多いと考えられます。しかし最近のカップラーメンは低カロリーの商品も多いため実はダイエット中でも問題なく食べることができるのです。

ひとえにインスタントラーメンと言ってもどのような製法で作られたのかによってカロリーは大きく異なります。例えば麺を揚げない製法で作られたラーメンの場合、おおよそ300キロ~350キロカロリーとなっています。一方で麺を揚げて作り上げた一般的なカップラーメンの場合、概ね400キロ~500キロカロリーと考えられます。一般的に一日あたりに必要な熱量は女性の場合は1400キロ~2000キロと考えられていますし、男性の場合は2200キロと考えられています。この点を鑑みると最もカロリーの高いタイプのカップラーメンでも500キロ程度なので、ダイエット中に食べても多くな問題はないのです。

むしろダイエット!?

カップラーメンの代表格とも言えるカップヌードルを例にあげて考えてみます。通常サイズのカップヌードルの場合、熱量は351キロカロリーとされています。また成人男性が満足できる量が入っているビッグサイズのカップヌードルでも熱量は457キロとなっています。スープを飲み干した場合でも摂取カロリーは500キロ未満となっているので、むしろカップヌードルなどのカップラーメンを食べることで食事の満足感を得つつ、ダイエットにも効果的と考えられます。短期間でダイエットをしたい場合や、絶対に太りたくない場合には意識してノンフライのカップラーメンを食べるとより安心です。

生タイプ麺で大ヒット・ラ王のラーメン

ラーメンの王様として更なる高みを目指すために開発を続けられているラ王は、1992年9月に日清食品から販売されたカップラーメンです。2010年まで生産された初代のラ王は、レトルトパウチされた生タイプ麺が大きな特徴となっており、長期常温保存できる生タイプ麺として大ヒットします。発売の翌年には年間1億5000万個の売り上げを記録するほどでした。日本初の生タイプ麺ではありませんが、ここまでメジャーになったのはまさにラ王がきっかけであり、生タイプ麺の大きな歴史を作ったと言っても過言ではないでしょう。

ノンフライめんの時代

ただし2000年に入るとノンフライ麺の改良によってノンフライ麺が注目されるようになったり、有名ラーメン店の味を再現したラーメンなどが参入した事で高品質なラーメン商品の競争が激化したことによって、2010年8月下旬より独自の特許によるノンフライ麺へ移行します。これが現行のラ王2代目です。小麦の風味が残る全粒粉入りのノンフライ麺は、もちもちの食感が魅力となり2代目も人気が高い商品です。2017年には25周年を迎えたことから2018年に初代ラ王の復刻版が限定販売されて注目を集めます。

正直これじゃねえよ、復刻版

しかし初代の魅力であった生麺ではなく、生麺のつるつるもちもちの食感をノンフライで再現したあくまで初代に近づけたカップラーメンとして発売されました。ラ王は袋麺タイプも人気を集めていますが、これは2012年に関東と甲信越、静岡限定で販売されたもので、全国で発売されたのは2013年3月下旬からです。そして2019年には、女性にうれしい大豆イソフラボンやコラーゲン成分を配合された2種類の贅沢なご褒美ラーメン「ご褒美ラ王シリーズ」も発売されています。ノンフライ麺を採用され濃厚なスープとしっかり絡んで美味しさも名目上はパワーアップしています。お店のような味わいを家庭で楽しめる味として注目を集め、ラ王は常に時代のニーズと共に進化していると言えるでしょう。

味も豊富な日清のカップヌードル

縦長の容器と、シンプルでありながらもインパクトが強いデザインが印象的なカップ麺が日清のカップヌードルのシリーズです。 歩んできている長い歴史の中では、期間限定の商品も含めるとこれまでに多くの味が販売されてきていますが、誕生当時から今日に至るまで販売され続けていてシリーズを代表する味なのがカップヌードルです。

20世紀の大発明!

多くの方々に好まれる醤油のスープが特徴的な商品であり、独自の製法によって生み出された肉やエビなどの具材にも大勢のファンが居ます。 世界で初めて生み出された醤油ベースのカップヌードルから派生して誕生したのが、容器の周囲を囲むオレンジ色のラインと共に青色の文字が印象的なシーフードです。 シーフードという名称通りスープは魚介から出た旨味によってコクが強く感じられますし、白っぽい色合いが食欲をそそります。 またシーフードにはイカの他にキャベツやネギ、卵なども使用されているのでイカの歯ごたえや旨味と野菜の甘みも感じられます。

もはや世界史レベル!絶対正義の大ヒット商品

そのようなカップヌードルとシーフードと共に定番の商品として、根強い人気を誇り続けてきているのがカレーです。 カレーでは野菜を使用してカレースープを手がけているので野菜ならではの優しい甘みが楽しめる上に、とろみがあるスープなので麺を持ち上げた時に麺によく絡み、しっかりとカレーの風味を感じながら頂けます。 使用されている具材にもカレーならではの拘りがあるのでカレーの具材として欠かせない人参や豚肉、じゃがいもがふんだんに使用されています。 このようなカレーはチーズとの相性が良いという事が話題になった事を受け、日清が直々にカレーにチーズを入れてカレーを手がけた事例もあります。 長い歴史を持つカップヌードルの中で、

ありゃ?!やっちまったか?!新作はアジアを代表する料理

新たにラインナップに加えられて間もない段階から既に定番商品の仲間入りを果たしたのがトムヤムクンです。 辛味に加えて酸味も程良く感じられる濃厚なスープは本場のタイの味が十分に表現されていて、非常に完成度が高いと評価されています。

評判に違わずおいしい辛辛魚のカップラーメン

辛辛魚は東京の人気ラーメン店、麺処井の庄が監修する本格的なカップラーメンで、発売から12年以上続くロングセラー商品です。 販売を行っているのは寿がきやで、即席麺の開発や製造技術を活かし、人気ラーメン店の高度な要求に応えているのが特徴です。 その結果、カップラーメンなのに非常においしいと好評を得ていたり、スープに深みがあって最後の一口まで味わえると評判です。 辛辛魚の魅力は妥協のない辛さで、舌がしびれるだけでなく、胃に熱いものを感じる刺激感があります。 当然ながら辛いものが苦手な人には向きませんし、無理をすると胃腸が荒れてお腹にくることもあるでしょう。

辛さだけじゃない!激うま!!

しかし、辛さだけを追求したカップラーメンではないので、非常識な辛さではありませんし、味わって食べられる人なら辛辛魚の人気の理由が良く分かるはずです。 スープは濃厚で満足感が強く、少し雑なところを窺わせるワイルドさが同居しています。 豚骨や魚介の旨味を余すことなく引き出しているので、辛さの先にはおいしさや味わい深さが待っているわけです。 辛辛魚をおいしいと評価する人達は、単なる辛いだけのカップラーメンではないことを知っているので、スープを正当に評価することが可能です。 監修を担当する麺処井の庄の味に詳しい人も、辛辛魚なら納得できる可能性がありますし、カップラーメンの枠組みの中ではトップクラスに位置すると認められるでしょう。 それくらい辛辛魚の完成度は高く、数あるカップラーメンの中でも安定した人気で、ロングセラーの記録を伸ばし続けることができています。

麺も特別のこだわり!

麺は全粒粉配合のコシと弾力に拘ったもので、スープが良く絡むノンフライタイプの太麺です。 スープは豚骨をベースに、特製のラー油を加えて濃厚辛口の豚骨醤油に仕上げています。 唐辛子と鰹荒粉を合わせた後入れの辛魚粉がついていますから、これが辛辛魚カップラーメンのおいしさをワンランク引き上げます。 かやくはシンプルにネギのみですから、ボリュームで誤魔化すことはせず、スープと麺で勝負しています。 価格帯は200円台後半なので、とてもリーズナブルですし、おいしいカップラーメンを求めるなら一度は試してみる価値ありです。