雨の日のデートにも最適!カップラーメンミュージアムが面白過ぎた。

晴れている日はピクニックやショッピング、遊園地など、デートをするにしても色々な行き先がありますが、雨の日のデートってどうすればいいのか迷ってしまいますよね。いつも映画や大型ショッピングモールに行くという方も多いと思いますが、雨の日はいつも決まったところにしか行かないので飽きてきたという方には、雨の日のデートにも最適なカップラーメンミュージアムに行くのがおすすめです。
カップラーメンミュージアムとはその名の通り、インスタントラーメンの歴史を紹介してくれている場所です。日常生活になじみが深いカップラーメンですが、実はその発祥は日本であり、インスタントラーメンが生まれたことにより新しい食文化が世界に広がったとも言われています。普段何気なく食べているという方も、どのようにしてカップラーメンが生まれたのかという歴史を学ぶことができ、その歴史を通して発見や発明の大切さまで学べるスポットとして、最近広く話題を呼んでいます。

オリジナルカップラーメンが作れる

カップラーメンミュージアムではインスタントラーメンの歴史を詳しく学べるだけでなく、インスタントラーメンの始まりとなったチキンラーメンを手作りできる工房があったり、自分だけのオリジナルカップヌードルが作れる工房があったりと、楽しい体験もすることができます。さらに世界のインスタントラーメンが展示されていたり、日清のインスタントラーメンがどう発展を遂げたのか、約800種類ものパッケージで再現されていたりするので、どれだけ見ていても飽きずに楽しむことができるような空間が広がっています。
もちろんすべて屋内で楽しめるので、雨の日のデートにも最適ですし、展示されているのがカップラーメンと身近なものであり、体験型の工房も用意されているため、家族連れの方も楽しむことができます。時間を忘れて楽しむことができるミュージアムなので、雨の日のレジャーを探しているという方はぜひ一度調べてみることをおすすめします。

究極のカップラーメンのオリジナルアレンジを紹介

カップラーメンはそのままでも十分美味しく作られていますが、いわゆるちょい足しをする事でさらに美味しさがアップするようなアレンジができます。ここではいつもとは一味違ったアレンジをして、さらに美味しくいただける方法を紹介しますので、たまには違った味が食べたいという方は参考にして下さい、
ここでは究極のアレンジというテーマでもありますので、一般的な手法とは少し違った方法を紹介しますが、まずおすすめの方法がカップラーメンにパクチーを大胆に投入するという方法です。パクチーはブームも続いていますし、大好きなユーザーも非常に多くなっていますので、大胆にパクチーを入れて完成させるというのが人気となっています。
お湯を入れる前にパクチーをいれても良いですし、完成してから入れるのであればさらにパクチーの食感を楽しむ事ができるでしょう。これだけでも普段のカップラーメンが一気にアジアンテイストになりますし、コストもあまりかけずに楽しむ事ができます。

梅干し最強節

そして意外と盲点だったスタイルとして、日本人なら梅干をどかんと投入するという方法があるのも見逃せません。普通にヌードルを作る過程でシンプルに梅干を入れるだけで、なんとも味わい深いカップラーメンが完成するのです。これなら手間もかかりませんし、コスト面でも少なくなりますので、アレンジ方法としては気軽かつ独創的な方法だと言えるでしょう。醤油味や味噌味などどのフレーバーでも合いますが、とくにおすすめしたいのが塩味のカップラーメンで、梅と塩の味わいがマッチングして高級感のある満足感が感じられるのが魅力です。

ジャンキーならマヨ一択!

そしてその他にも気軽にできるアレンジ方法としては、お湯を入れる前にマヨネーズとラー油をちょい足しするだけでもいつもと違ったコクの深い風味が楽しめますし、カレー系のカップラーメンなら少量のカレー粉をトッピングするだけで一層のコクが感じられます。色々なアレンジ方法がありますので、試しながら自分に合った味を見つけてみるのも良いでしょう。

カロリーが気になる人も最近のカップラーメンを知ったら食べれるよ!

購入価格が安い上に、お湯を注ぐだけで誰でも簡単に作ることができる食品として年齢性別に関係なく多くの人が食しているのがカップラーメンです。節約のためや自宅で過ごす時間が増加したため、家事の負担を減らすためにカップラーメンを購入する人も多いでしょうが、その一方で他の麺類などを比較するとカロリーが高めであるためダイエット中などには食べにくいイメージを持っている人も多いと考えられます。しかし最近のカップラーメンは低カロリーの商品も多いため実はダイエット中でも問題なく食べることができるのです。

ひとえにインスタントラーメンと言ってもどのような製法で作られたのかによってカロリーは大きく異なります。例えば麺を揚げない製法で作られたラーメンの場合、おおよそ300キロ~350キロカロリーとなっています。一方で麺を揚げて作り上げた一般的なカップラーメンの場合、概ね400キロ~500キロカロリーと考えられます。一般的に一日あたりに必要な熱量は女性の場合は1400キロ~2000キロと考えられていますし、男性の場合は2200キロと考えられています。この点を鑑みると最もカロリーの高いタイプのカップラーメンでも500キロ程度なので、ダイエット中に食べても多くな問題はないのです。

むしろダイエット!?

カップラーメンの代表格とも言えるカップヌードルを例にあげて考えてみます。通常サイズのカップヌードルの場合、熱量は351キロカロリーとされています。また成人男性が満足できる量が入っているビッグサイズのカップヌードルでも熱量は457キロとなっています。スープを飲み干した場合でも摂取カロリーは500キロ未満となっているので、むしろカップヌードルなどのカップラーメンを食べることで食事の満足感を得つつ、ダイエットにも効果的と考えられます。短期間でダイエットをしたい場合や、絶対に太りたくない場合には意識してノンフライのカップラーメンを食べるとより安心です。