カップラーメンに賞味期限とかあるのかな?

お湯を入れるだけですぐに温かいラーメンを食べることができる食品であるカップラーメンは、仕事などが忙しい時や災害などが生じた際の非常食などに利用されることも多く、セール時などにまとめ買いをして一定個数をストックしている家庭も多いと考えられます。現在販売されているカップラーメンのほとんどが麺を油で揚げた上で乾燥されているため、チルド食品などを比較して賞味期限が長いように考えられますし、実際にカップラーメンに賞味期限は無いのではないかと感じている人も少なからずいると考えられます。実際のところカップラーメンは購入してからいつ頃までであれば安全に食べることができるのでしょうか。

およそ半年

カップラーメンにも他の食品と同様に賞味期限が設定されていて、製造からおよそ6ヶ月間となっています。実際には製造されたからお店の店頭に並ぶまでにはややタイム・ラグが生じますし、お店では常に製造されたばかりのカップ麺が陳列されているわけではありません。ほとんどの商品では底の部分に賞味期限が明記されていて、商品を手にとってひっくり返すことで簡単に確認ができます。お店で陳列されている商品の多くがおよそ5ヶ月後が賞味期限となっているので、カップラーメンを購入した場合、基本的には5ヶ月以内に食べることを想定しておくと食品ロスを減らすことができます。

あくまで賞味期限

なお賞味期限はあくまでもその商品を美味しく食べることができる目安の期限であり、賞味期限が切れたからと言って絶対に食べてはいけないというわけではありません。自己責任にはなりますが、食品メーカーは1ヶ月位賞味期限が切れた商品であっても健康状態に問題が生じないようにカップラーメンを製造しているため、期限が1日や2日過ぎたくらいでは、健康への影響を過剰に心配する必要は無いものと考えられます。しかしせっかく購入したラーメンを美味しくいただくためにも、できる限り購入してから5ヶ月以内に食べきることを心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です