ラーメンの器には陶器製がおすすめ

自宅で手軽に作ることが出来るラーメンは多くの日本人に愛されていますが、出来上がったラーメンをよそう丁度良いサイズの器が自宅にないという方も多く、従来のラーメンどんぶりではなく機能性やデザイン性を求めているなら、陶器製のラーメンの器を選ぶことをおすすめします。現在ラーメンどんぶりと呼ばれている器には様々な種類がありますが、オーソドックスな形状の丼鉢は高台丼や半高台丼と呼ばれ、口先が少しそった方であることが特等で、サイズも大きめなのでスープなどもたっぷり入れることが出来ます。 近年熱い料理をよそっても熱を通しにくく、持ち運びやすいとして樹脂製やステンレス製のタイプを選ぶという方も少なくありませんが、やはり器の口当たりや色合いなどにこだわりたいという場合は、陶器の器が見た目もおしゃれで美しいデザインを選ぶようにしましょう。陶器は熱を通しやすい特徴を持っているので、火傷をしないようにするためにも側面が高めのタイプや、深さのあるどんぶりを選ぶことがポイントです。 最近では耳付きのラーメンどんぶりも登場しているので、あまり器が深すぎるタイプは避けたいという方は、陶器製の耳付きタイプを選ぶと持ち運びもしやすく火傷の心配もないのでおすすめです。また洗い物を減らしたいという方なら、直火で直接調理することが出来て、食卓にそのまま運んでラーメン鉢としても利用することができる耐熱磁器で作られているタイプもおすすめです。熱が逃げにくい素材なので最後まで温かいスープを楽しむことが出来ますし、ラーメン以外でも一人用の鍋としても利用することができるので、幅広い用途で活用することが出来て大変便利です。 料理を美味しく食べたいなら、器のデザインにこだわることも大切で、日本の伝統工芸である有田焼や美濃焼といった美しい陶器のどんぶりを選ぶと普段の料理がより楽しめるようになります。後は重さや色合いなどをチェックして、納得のいったものを選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です